なぞのしろ

10/2(土) 難波artyard studio
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
なぞのしろ後記
 
丘本浩一 presents なぞのしろ、無事終了しました、築城完了と言いたいです。
あの場にいたみなみなさまのお力添えがあってのことです、

ありがとうございました!


当日私、キャッスル浩一(土井玄臣命名)が撮った写真とともに、イベントを振り返りたいと思います。
全部私が撮ったので基本的にキャッスル浩一写っておりません、とりあえず忙しそうな顔をしていたっぽいです。

まずは、リハーサル写真から↓



artyard編集長ハルオ氏はコンデンサーマイクを立てての生音に近いライブに
とても興味を持っておられました、「なぞのしろ」が何かのヒントになれば嬉しいです。




和やかな出演者たちの本番前の姿↑
楽しく過ごしてもらえたみたいで何よりです。

拙い字ですが、書いてみました↓


そうこうしていると、ライブスタート、最初に私丘本が開会宣言代わりに1曲歌いました。
この日のために作った「なぞのしろ」というそのままな曲。

今回、なぞのしろではコンデンサーマイクを1本のみ立てた生音に近いライブと、
通常のライブハウスの音響を用いたライブを交互に行う形をとりました。
そして、前半3組、後半3組と2部構成でライブは進行していきました。

伝わりきらないのは勿論ですが、それぞれのライブを振り返ってみます、
(名前のリンクから「なぞのしろ」について書いてくれたブログへ飛びます)

前半一組目は、smoke[ほぼ生音]↓

この写真は自作のトラックにのせて自作の詩を読んでいるところ、ラップに近いスタイルで。
smokeくんらしい媚びないライブで、ドキッとさせられました。
MCを全くしない、ある意味謎を残す終わり方も「なぞのしろ」らしく。

続いて、土井玄臣

いきなり、私丘本の「夢の岬」をサンプラーで編集した曲からライブスタート、単純に嬉しかった。

土井さんらしく自由で、跳躍力のある濃厚なライブを見せてくれました。
最後の「尼崎の女」、ポエトリーリーディングに近い曲なんですが、圧巻でした。
この日は4時起きで仕事だったらしく、本当にお疲れさまでした。

前半最後を締めくくるは、イバラキアツシ[ほぼ生音]↓

次の休憩時間の準備があったりで、きちんとライブを観れなかったのですが、
土井さんの濃いライブのあと、イバラキくんの透明感ある歌声が空間に広がる感じが
心地良く、生音に近い音響がほど良い緊張感を与えていたように思いました。


その後20分ほどゆるやかに休憩時間を挟んで、


後半一組目、奥田聡子

「なぞのしろ」を意識して白の衣装を着ていらした聡子さん、
ギターと鍵盤を使い分け、1曲1曲を丁寧に演奏していく姿が印象的でした。
今まで一度もきちんと通して演奏できたことのない、という曲も見事に聞かせてくれました。

続いて、島津田四郎[ほぼ生音]↓

文句なしで、会場の盛り上がりは最高潮を見せました。
マイクとの距離も上手く使い、とてもダイナミックなライブでした。
みんな田四郎くんの一挙手一投足に釘付けになっていたように思います。

最後は私丘本が歌いました、自分のことを書くのは難しいですが、まだまだだなあ

(↑観に来てくれたくろ介くんが写真くれました)
 最後の最後「なぞのしろを〜」と一緒に歌ってくださった方々、ご協力ありがとうございました。

そして、終演後〜打ち上げ〜朝までコース、楽しい時間でした。
なかなかゆっくり話せない人が多いのが残念、主催イベントの宿命ですね。


最後に撮った写真↓

よく分からない写真で終わるのが、「なぞのしろ」


イベントの前後に、ブログ、ツイッターやらで何かと書いてくださった方々ありがとうございました。
こういう反響があるのも、やって良かったな、と思える要素の一つです。


「なぞのしろ」これにておしまいですが、またartyard studioではなんかやりたいです。
そのときはよろしくお願いします!
| 「なぞのしろ」について | 20:20 | comments(1) | trackbacks(0) |
丘本浩一presents なぞのしろ


2010/10/2(土) @難波artyard studio

open/start  18:00/18:30
charge ¥1500 + 1drink(¥500)  food持ち込みOK!

※出演者6組のうち3組PAありライブ、3組PAなし(ほぼ)生音ライブ

acts↓
| 「なぞのしろ」について | 18:30 | comments(0) | trackbacks(0) |
あと3週間、
土曜の夜に今晩は、丘本です。
ちょうど「なぞのしろ」まで3週間、まだ変に気負いはなくて、
この時期に冷静に色々具体的なことを考えていこうとしています。

土曜の夜はあちらこちらで面白いライブが行われていて、
今日もそんな日だろうし、10/2(土)もそんな日だと思います。

そこで、他のイベントとの差異を書いてみます。

「なぞのしろ」でしか味わえない何か
・しろい壁しろい床に
・小さい音も大きい音も反響して
・どこか頭に?が浮かぶような音と言葉で
・うまいこといけば
・頭がまっしろになる
・そうそう、フード持ち込み自由(差し入れ大歓迎)

箇条書きの使い方を間違えましたが、
他では味わえないイベントにしたいところ。

音がよく反響するまっしろ空間artyard studioの特性を生かして、
ほぼ生音に近い形でのライブも織り交ぜて
一癖二癖ある6組の出演者の音がどんな風に鳴り響くのか楽しみです。
みなさん弾き語りという形は同じですが、振り幅広いと思います。

主催者の私ですらどんな風に転がるのか分からない、
あえてその「分からなさ」を共有してもらうのがこの「なぞのしろ」

10/2(土)難波artyard studioにて、そんな「なぞのしろ」を築き上げます。

では、また来週。
| 「なぞのしろ」について | 23:02 | comments(0) | trackbacks(0) |
なぞのしろまで
2ヶ月を切っていました、
どうも初めまして、初めましてではない方も改めまして、
「なぞのしろ」主催者の丘本です。よろしくお願いします。

ブログを作ってから約1ヶ月たって、ようやく初投稿にいたりました。
時間の使い方が下手、な私であります、、、

さて、「なぞのしろ」は丘本浩一が観ていただきたい、
「一筋縄ではいかない」「どこかおかしな」「?が頭の上に自然と現れるような」
弾き語りミュージシャンを集めて行う音楽イベントです。

出演者は↓

丘本浩一
イバラキアツシ
奥田聡子(from 京都)
島津田四郎(from 香川)
smoke
土井玄臣

(敬称略)

自信を持って「なんか変だ!でも良い!」と言える方々です。

昨今乱立しております音楽イベントに埋もれないよう、
ここでしか聴けないものをお届けできたら、と思います。

10月の最初の土曜日は難波artyard studioで「なぞのしろ」
できるだけ多くの方に足を運んでいただきたいです。

それでは、これからちょこちょこ更新していきますので、
チェックよろしくです!


丘本
| 「なぞのしろ」について | 13:48 | comments(0) | trackbacks(0) |
ABOUT
10/2(土)大阪難波artyardstudioにて行われる"丘本浩一presents なぞのしろ"についてのあれこれを書いていきます。
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
モバイル
qrcode
PROFILE
PR