なぞのしろ

10/2(土) 難波artyard studio
<< なぞのしろまで | main | 土井玄臣 ライブ@京都木屋町UrBANGUILD >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
島津田四郎 生音ライブ@ ギャラリーCassiopeia
今日から出演者紹介を私、丘本がさせてもらいます。
出演者のプロフィールなどはホームページを観てもらえれば分かる、
そんなネット社会なので、

実際に私が出演者のライブを観て、
そのライブレポートを書いてみる、
そんな形にしようと思います。

拙い文章になるとは思いますがっ、記念すべき(?)第1回は、

島津田四郎 from 香川!
この日は生音ライブ、しかもワンマン(2部構成!)、近距離でたっぷりと
田四郎くんの音楽を堪能してきました。

会場のギャラリーCassiopeiaは、畳敷きの座敷があって、とてもアットホームな雰囲気、
そんな中、田四郎くんもその雰囲気の中ゆっくりと喋りながらライブを進めていく。
お客さんと穏やかに話してから、ライブを開始。


田四郎くんのライブの魅力を伝えるとすれば、
上の写真を観てもらうと分かると思いますが「動き」が大きいことだと思います。
体の動きもそうですが、歌ってるときの表情の動きとか、ギターのリズミカルな動きとか、
観てて爽快でとても気持ちが良いのです。そして、コミカル!

なんかでっかい太陽とか真っ青に広がる空をイメージさせられます。
香川県っぽさ、なんでしょうか、屈託ない感じなのです。

私が田四郎くんのライブを観るのは、この日で3回目で、
以前の2回はエンターテイナーとしての要素が色濃く出たライブでしたが、
この日は真面目に曲を聴かせるライブを心がけていたようです。
(レーベルの社長に釘を刺されたらしい)
コミカルな要素を排除しても、田四郎くんの音楽の良さは相変わらずで、
曲・歌詞・声の良さが伝わるライブでした。

静かな曲でのささやきつぶやくような歌(い方)でも、

テンポの速いダイナミックな曲でも、

「らしさ」が伝わるのは、田四郎くんの作る曲がブラジル音楽とかソウルミュージックを
きちんと彼らしく消化したであろうもので、とても音楽的だと言えるからだと思います。
あとは、歌詞が独特で、とても気になる・耳に引っかかるものなのです。

でも、やっぱりコミカルにエンターテインする部分も忘れない、
そして、サ行の発音が苦手で舌足らずな感じ、
島津田四郎、愛すべきミュージシャンだなあ、と、思います。

私と同い年だし、ブラジル音楽好きなところにも、勝手に親近感を覚えています。


島津田四郎、香川県の真っ赤な太陽のもとで生まれた、
熱くてのどごしの良い「うどん(サイケ)ソウル」
ぜひ一度ご覧いただきたいです!
| 出演者紹介 | 21:55 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 21:55 | - | - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://nazono.jugem.jp/trackback/3
トラックバック
ABOUT
10/2(土)大阪難波artyardstudioにて行われる"丘本浩一presents なぞのしろ"についてのあれこれを書いていきます。
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
モバイル
qrcode
PROFILE
PR