なぞのしろ

10/2(土) 難波artyard studio
<< 島津田四郎 生音ライブ@ ギャラリーCassiopeia | main | あと3週間、 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
土井玄臣 ライブ@京都木屋町UrBANGUILD
更新が滞ってしまいました、自分のライブとか夏バテとか夏バテとかで、
なかなか書くに至りませんでした、、、

気付けば9月、「なぞのしろ」まで1ヶ月を切りました!
これからは週1ぐらいでは更新していきたいと思っておりますので、
チェックよろしくです。

さて、私丘本が実際に観たライブレポートによる出演者紹介第2回は、

土井玄臣(画像はホームページより転載させていただきました)

ペットサウンズTシャツを着ておりますね、
自宅録音ならそんじょそこらの奴には負けん、
セルフ・プロデュース力もしかり、
という、ブライアン・ウィルソンへの対抗心、
土井さんの意気込みの表れ、

では、ないような気がします。


本題のライブレポートに参りま、いや、その前に、
土井さんの音楽をわかってもらうには、これでしょう↓


最近土井さんが作った1stアルバム「んんん」の特設ページで、
そのダイジェスト版が聴けたりします、そして、無料配布中です。
クオリティ高い、生々しくも美しい曲がたくさん入っています。


では、ライブレポートに。
この日は木屋町アバンギルドでの”Ur食堂LIVE!”という、
食事しながらライブをゆっくり観れる、というスタイルでのライブした。

土井さんのライブを何度となく観て来た私ですが、
ほんとに毎回違うライブをするんですよ、そのドキドキ感がええのです。
即興を取り入れたり、芝居じみてみたり、サンプラーを使ってみたりと、、、

この日はシンプルなギター弾き語りで、
私も出演していたので、私丘本のギターを使ってのライブ。

「え〜、今日阪急電車で歌詞を考えた曲をやります」
1曲目にまったく新しい曲をもってくる、という、これが土井さんらしいな。
この日は途中までしか聴けませんでしたが、跳ねるギターのリズムが印象的な曲で、
またきちんと聴いてみたいな、と、思わせられる曲でした。

2曲目はアルバム「んんん」より、"blue blue blue blue"
声色の使い分けが印象的な曲、ファルセット気味のささやくような声と
トム・ウェイツばりの野太い声を1曲の中で使い分けるという荒技。
"blue blue blue blue"というリフレインが耳に残るなあ。
そして、土井さんのギタープレイは妙に男っぽく骨太で、
基本的にはか細い歌声とのアンバランスさがええなあ。

↑土井さん、結構顔で歌うなあ。

この日は意外なカバー曲を披露、初恋の嵐「真夏の夜の事」!
意外な選曲でびっくり、最近聴いてぐっときたらしく、
どうしても歌って消化しておきたかったらしい。
その辺のことは土井さんのブログに書いてあります。
(土井さんの書く文章は面白い、興味深いです!)

続いて、アルバム「んんん」の1曲目を飾る「んんん」
個人的にとても好きな曲で、
美しいメロディーと、後半の絶唱(?)部分の対比がお見事!

この日は20分ほどのステージで、土井さんライブの良い部分がすべて観れたわけ
ではなかったけど、土井さんらしさみたいなものはきちんと伝わるライブでした。


「なぞのしろ」では、サンプラーを使うかも、と、本人がおっしゃっていたので、
当日はどんな驚きを見せてくれるのか、楽しみです!

土井玄臣、その場・その日しか観れない、という
ライブらしさを見せてくれるであろうそのステージ。
ぜひ一度ご覧いただきたいです!

↑このように実は結構お茶目な方です。
| 出演者紹介 | 12:52 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 12:52 | - | - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://nazono.jugem.jp/trackback/4
トラックバック
ABOUT
10/2(土)大阪難波artyardstudioにて行われる"丘本浩一presents なぞのしろ"についてのあれこれを書いていきます。
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
モバイル
qrcode
PROFILE
PR