なぞのしろ

10/2(土) 難波artyard studio
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
なぞのしろ後記
 
丘本浩一 presents なぞのしろ、無事終了しました、築城完了と言いたいです。
あの場にいたみなみなさまのお力添えがあってのことです、

ありがとうございました!


当日私、キャッスル浩一(土井玄臣命名)が撮った写真とともに、イベントを振り返りたいと思います。
全部私が撮ったので基本的にキャッスル浩一写っておりません、とりあえず忙しそうな顔をしていたっぽいです。

まずは、リハーサル写真から↓



artyard編集長ハルオ氏はコンデンサーマイクを立てての生音に近いライブに
とても興味を持っておられました、「なぞのしろ」が何かのヒントになれば嬉しいです。




和やかな出演者たちの本番前の姿↑
楽しく過ごしてもらえたみたいで何よりです。

拙い字ですが、書いてみました↓


そうこうしていると、ライブスタート、最初に私丘本が開会宣言代わりに1曲歌いました。
この日のために作った「なぞのしろ」というそのままな曲。

今回、なぞのしろではコンデンサーマイクを1本のみ立てた生音に近いライブと、
通常のライブハウスの音響を用いたライブを交互に行う形をとりました。
そして、前半3組、後半3組と2部構成でライブは進行していきました。

伝わりきらないのは勿論ですが、それぞれのライブを振り返ってみます、
(名前のリンクから「なぞのしろ」について書いてくれたブログへ飛びます)

前半一組目は、smoke[ほぼ生音]↓

この写真は自作のトラックにのせて自作の詩を読んでいるところ、ラップに近いスタイルで。
smokeくんらしい媚びないライブで、ドキッとさせられました。
MCを全くしない、ある意味謎を残す終わり方も「なぞのしろ」らしく。

続いて、土井玄臣

いきなり、私丘本の「夢の岬」をサンプラーで編集した曲からライブスタート、単純に嬉しかった。

土井さんらしく自由で、跳躍力のある濃厚なライブを見せてくれました。
最後の「尼崎の女」、ポエトリーリーディングに近い曲なんですが、圧巻でした。
この日は4時起きで仕事だったらしく、本当にお疲れさまでした。

前半最後を締めくくるは、イバラキアツシ[ほぼ生音]↓

次の休憩時間の準備があったりで、きちんとライブを観れなかったのですが、
土井さんの濃いライブのあと、イバラキくんの透明感ある歌声が空間に広がる感じが
心地良く、生音に近い音響がほど良い緊張感を与えていたように思いました。


その後20分ほどゆるやかに休憩時間を挟んで、


後半一組目、奥田聡子

「なぞのしろ」を意識して白の衣装を着ていらした聡子さん、
ギターと鍵盤を使い分け、1曲1曲を丁寧に演奏していく姿が印象的でした。
今まで一度もきちんと通して演奏できたことのない、という曲も見事に聞かせてくれました。

続いて、島津田四郎[ほぼ生音]↓

文句なしで、会場の盛り上がりは最高潮を見せました。
マイクとの距離も上手く使い、とてもダイナミックなライブでした。
みんな田四郎くんの一挙手一投足に釘付けになっていたように思います。

最後は私丘本が歌いました、自分のことを書くのは難しいですが、まだまだだなあ

(↑観に来てくれたくろ介くんが写真くれました)
 最後の最後「なぞのしろを〜」と一緒に歌ってくださった方々、ご協力ありがとうございました。

そして、終演後〜打ち上げ〜朝までコース、楽しい時間でした。
なかなかゆっくり話せない人が多いのが残念、主催イベントの宿命ですね。


最後に撮った写真↓

よく分からない写真で終わるのが、「なぞのしろ」


イベントの前後に、ブログ、ツイッターやらで何かと書いてくださった方々ありがとうございました。
こういう反響があるのも、やって良かったな、と思える要素の一つです。


「なぞのしろ」これにておしまいですが、またartyard studioではなんかやりたいです。
そのときはよろしくお願いします!
| 「なぞのしろ」について | 20:20 | comments(1) | trackbacks(0) |
丘本浩一presents なぞのしろ


2010/10/2(土) @難波artyard studio

open/start  18:00/18:30
charge ¥1500 + 1drink(¥500)  food持ち込みOK!

※出演者6組のうち3組PAありライブ、3組PAなし(ほぼ)生音ライブ

acts↓
| 「なぞのしろ」について | 18:30 | comments(0) | trackbacks(0) |
いよいよ明日っ、
ついさっき爪を切りました、
余分なものを削ぎ落とす作業です。

さあ、

いよいよ明日は「なぞのしろ」当日っ、
18:00オープン、18:30スタート、
最初から最後まで観ていただけたら本望です!


会場BGMは私丘本セレクトでして、その辺りも楽しんでいただけたらな、と。

ライブは2部構成で行いまして、途中に休憩時間があります、
その際、フードコーナーみたいなものを設けて、
ちょっとしたおつまみぐらいはテイクフリーにするつもりです。
明日もある種のパーティー・お祭りなんですよ。
そうそう、フード持ち込みオッケーです、差し入れも大歓迎です。


それでは、これから会場に搬入に行ってきます、
明日難波artyard studioでお会いできるのを楽しみにしています!



本文とは関係ない今日の写真↓

久々に見た気がする夕焼けと小さく飛行機雲
| 「なぞのしろ」にむけて | 18:15 | comments(1) | trackbacks(0) |
smoke
もう明後日っ、

そんなこんなで、
最後の出演者紹介となりました。

最後を飾るのは、

↑この写真、雰囲気あるでしょう、気になるでしょう、

そんなsmokeくんですが、普段はライブをあまりしていません。

ですが、私は彼のワンマンライブを少なくとも2回は観たことがあります。
まず、彼のハイトーンボイスとその歌唱力はすごく魅力的なんですが、
そこで行われる彼のライブのスタイルは、すごくスリリングなもので、

詩の朗読あり、MTR(多重録音するための機材)での自作トラックに合わせてのドラム即興演奏あり、開場を真っ暗にしての演奏あり、と、

飽きのこない、彼独特の、
記憶に残る面白いライブでした。

そして、彼の「眠い」という曲は名曲だと思います、トリップ感がすごい。


ちなみに、彼は私の実家の近くに住んでいて(4月のイベントに出てもらった山田祐太郎さんもその近くに住んでいる!) 、
彼との出会いがあって、そこから音楽の世界が広がったようなもので、とても感謝しています。(個人的な話ですが、、、)


「なぞのしろ」当日はどうやら、MTRを使って何かをするらしく、
何らかの仕掛けを仕込んだライブを見せてくれそうです。

smoke、まだまだ未知数な彼の音楽、
どんな広がりを見せてくれるんでしょうか、
ぜひご覧いただきたいです!
| 出演者紹介 | 08:40 | comments(0) | trackbacks(0) |
奥田聡子さん
あと3日を切りました「なぞのしろ」会場で流すBGMを聴きながら書いています、
今日何をかけようかな、と選びました、所々「なぞ」を感じていい塩梅です。

さて、残すところ2組となった出演者紹介、
今回は、

奥田聡子(from 京都)

聡子さんはビバシェリーという女性二人組ユニットでも勢力的に活動されていますが、
私が初めて聡子さんを初めて観たのは、ソロで歌っていた姿で、その印象が強いです。
もちろん、ビバシェリーも良いですよ!
(夏に観た着物ショーとのコラボレーション、素晴らしかった)


初めて観たときから変わっていない印象は、

ソウルフルな歌、

と、

ソングライティングの妙、

で、

そこから、感じるのは、

音楽愛、です。

大袈裟に聞こえると思いますが、
聡子さんの活動は幅広く、ビバシェリー以外でも色々な形でライブをされていて、
どんな形で観ても、音楽的な懐の深さを自然と感じさせられてしまうのです。

以前のソロライブでは鍵盤の弾き語りだったのですが、
今年のはじめ頃に、久々にソロライブを観させてもらったときに、
鍵盤のみならず、ガットギターによる弾き語りも披露されていました。
そして、以前聴いたことのなかった曲ばかりを演奏してはって、
この方は音楽において「進歩すること」を常に忘れない人なんだろうなあ、
と、とても関心しました。

その場で4月にやった私丘本の初企画イベントにお誘いしたんですが、
その時は予定が会わずで、半年を経てようやく今回「なぞのしろ」に出演してもらいます!


奥田聡子、ソウルフルなその歌声、
音楽への探究心を感じさせるその姿を、
ぜひご覧いただきたいです!
| 出演者紹介 | 00:51 | comments(0) | trackbacks(0) |
ABOUT
10/2(土)大阪難波artyardstudioにて行われる"丘本浩一presents なぞのしろ"についてのあれこれを書いていきます。
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
モバイル
qrcode
PROFILE
PR